レセプト管理士 認定資格について

 

レセプト管理士は、新たな職業資格であり、専門職として位置付く新しい職業名になるものてす。ロボットなどが手作業をする時代になり、人間のする仕事は複雑な仕事と、責任の生じる管理の仕事が増えていきます。海外では、経営に関する専門職集団として複数の管理者がさまざまな運営をしています。この管理者となる新しい職種として、レセプト管理士が誕生しました。これからは、大きく医療機関、福祉施設は変わっていきます。レセプトも大きく変化する時代に入ります。情報化、高齢化、国際化によって複雑化することになります。多くの業務はICT化、AI化により、算定方法の知識、技術、熟練した点検する能力は徐々に重視されない時代へと変化しております。それらの作業はコンピュータにより正確に自動算定できる時代になるからです。
しかしながら、重度化防止のため、医療や福祉において、多職種連携が強化され、医科、歯科、調剤、介護の4分野の算定は改定の度にますます連携し、一部は融合していくことでしょう。医療費計算、介護費用の点数計算は高齢化、慢性疾患対応などによって、複雑になり、2040年問題に対応していくため、政府は効率化として、医療・福祉の法人の業務提携、合併を推進し、促進されることで、様々な選択、設定を考慮する必要があり、経営判断が難しくなります。レセプト管理士は医科歯科調剤介護の全分野のネットワークシステムを利用でき、国の示すグランドデザインを理解し、点数を読解でき、レセプトデータから経営に生かす様々な知識をもち、変化に対応できる頼られる管理者として位置づきます。わかりやすく言えば、院内のコンサル的な存在、レセプトの専門家です。レセプトに関しては、さらに多くの変化があります。海外と比べデータに乏しい現状から、各医療機関や施設にたいして、レセプトデータ(NDB)の活用、データ提出を要求される時代となりました。これからの時代は算定より活用する、管理する能力が必要です。より高度化した時代に対応するため、本学会で資格認定を行うとともに、新しい専門職を産み出しました。これから、間違いなく普及し定着していくと考えております。
有資格者へのサポートとして、レセプト管理士会が相談対応致します。





 

Translate »