【R6 11月13日】開催 第6回日本レセプト学会国際学術大会 ベトナムハノイ市現地開催のお知らせ

今年度の国際学術大会の開催が決定しましたので、お知らせいたします。

~ 参加者募集中 ~7/9現在

 


 

第6回日本レセプト学会国際学術大会 ベトナム開催

大会テーマ 性」

 


◆研究テーマ 

なぜ日本の医療、福祉事業所、企業がベトナムへ進出が多いのか?日本の人材不足時代における外国人労働への期待と課題を考える。

現地講師のほか、ベトナムの病院、福祉施設等の見学ツアーを予定しています。

 

◆研究発表について 

一般演題、学生演題の募集いたします。 希望者へ発表申し込み、要領をお送りしますので、希望者はご連絡をください。

(発表希望者は論文題目、概要をお知らせください。)

※国際医療管理士・国際福祉管理士の資格については学会HPのボタンより確認してください。

 

開催日 令和6年11月13日~17日
費用 渡航費用20万円程度 確定次第お知らせいたします。

(成田発着・集合、関空発着・集合)

申込期間 令和6年9月10日まで
申込方法
現在、仮申し込み受付中

金額が確定次第、正式な申し込みを開始します。人数が多い場合は制限を致しますので、仮申し込みをお願い致します。

HPの「参加申し込み」ボタンより必要事項をご入力いただき、仮申し込み登録とさせていただきます。

 

国際学術大会 大会長 小平達夫先生よりご挨拶

 みなさま、こんにちは。今回の国際大会長を仰せつかりました当学会理事の小平達夫です。今回の開催地は急遽、ベトナム ハノイ になりました。ベトナムは現在、介護技能実習生、特定技能1号介護士を最も多く送り出している国です。しかしながら、近年の“円安”や他国(台湾、ドイツ、オーストラリア等)からの引き合いが強く、以前ほど日本行きの希望者は多くいないという現状にあります。経済学の視点から見ると、高い収入を期待して国際労働移動する“金銭的インセンティブ”こそがプル要因としていますが、海外の看護師の国際労働移動の研究では、“非金銭的インセンティブ”つまり、成長の機会、キャリア形成、現場での教育、福利厚生がプル要因になっている研究報告もあります。これまでの日本は、“金銭的インセンティブ”で海外より人材を確保することができましたが、“円安日本”ではもうこの先立ち行かなくなります。今後、我々が意識すべきは、“非金銭的インセンティブ”での魅力を如何に高めていくのかが重要になると考えます。
 今回の大会テーマは、「医療福祉の国際化―外国人ケア人材の国際労働移動の可能性―」です。現在の日本、この先の日本の介護・医療現場は外国人ケア人材なしでは立ち行かなくなります。経済的優越地位のみで焼き畑農業のように、人材送り出し国を転々と求めるのではなく、来日してくれた外国人ケア人材の“キャリア形成”という視点で育成していくことがますます求められると考えます。
 今年より介護技能実習生や特定技能1号介護士の介護福祉士資格の合格者が増え始めています。外国人ケア人材のステージは、“確保”から“育成”に移り、ここ数年で“活躍”というステージが求められると考えます。今回の開催国、ベトナムで「外国人ケア人材の国際労働移動の可能性」についてみなさまと議論を深めたいと考えます。

Translate »