レセプト管理士とは

日本レセプト学会認定「レセプト管理士」は、急速に変革するICT化の時代に誕生した医科、歯科、調剤、介護を一本化した新たな資格です。
レセプトを作成する時代でも、点検する時代でもなくなり、これから必要になるのは、複雑化する点数や単位の変化に対応できる読解力、判断力、レセプトデータを経営や社会に活用する応用力、そしてEHR,PHRの時代に医療福祉全分野を統合した視点でみることのできる
スピードある情報収集と専門知識、横断的に様々な分野の方との人脈をもつネットワークが必要になります。これらの能力をもつための基礎力を資格試験を提供することで培い、レセプト管理士会では、その後のサポートをしていきます。

レセプト管理士会の特設サイトをご覧ください。

<<認定資格メニューへ

Translate »