【11月10日】開始 新資格誕生(重要)国際医療管理士、国際福祉管理士のお知らせ

国際医療管理士

国際福祉管理士

 
<誕生の背景>
 本資格は経営戦略の国際資格として誕生しました。様々な国では、他国への海外進出による事業拡大、業務提携などが増えており、国境を越え、近隣国との患者の流動性、国際オンライン診療なども広がっており、国際的ビジネス展開が強い状況になっております。国際的展開をしている国では世界中から患者が集まる病院をはじめ、収益をいかに増やせるかというビジネスを国際的視野で展開しております。そのような動きの中で、海外から自国の施設と業務提携したいと考える他国の施設も出てくるといえます。海外の情報を知っておくことで、日本の施設経営に役立てることができます。近年、海外の注目すべき点は、経営面では外国人患者の日本受診ニーズ、海外の日本よりも進んだAI技術とその活用実態、保険制度では、北欧の安定した医療・福祉制度や韓国の健康診査などの予防と治療費の連携一体化した診療報酬の算定制度があります。
 
 
以下の4点が国際医療管理士、国際福祉管理士の使命として掲載いたします。
 
1 海外の進んだ医療、福祉の活用技術、活用サービスを学び自国の発展に寄与すること。自国の優秀な技術、サービスを海外の発展に寄与すること。
2 国際活動用に本資格を用いて活動し、海外のすぐれた経営戦略、医療・福祉サービスを海外医療福祉機関実務者や海外研究者から指導等を直接もらい自国の職場で役立てること。
3 海外交流、経営戦略に関わる人脈をつくり、関係性を保ち、海外の医療福祉機関のような世界規模、地球規模で持続可能な運営活動を行うこと。(海外でも本資格を取得した資格者が誕生しますので、積極的に交流を図ること)
4 海外の医療制度、福祉制度を様々な有資格者向け研修や渡航による現地見学等で理解すること。
 
 
※毎年国際学術大会を実施しております。
※国際学術大会はすべて通訳つきとなっております。
※現地での研修、施設見学ツアーを実施しております。
 
 
現在取得されたレセプト管理士から適用とします。
レセプト管理士試験に合格後、以下の条件により、資格を得られます。
 
国際医療管理士 
International Medical Administrator
 
国際福祉管理士
International Welfare Administrator
 
資格認定
※海外での連合資格です。
資格認定団体は当分の間、下記の3か国認定ライセンスとなります。
 
1 日本(本学会) 2 台湾(秀傳医療グループ)3 スウェーデン(SMCI:Sweden MediCare Institute)
 
 
資格取得には、下記のアの試験による取得と、イのレセプト管理士に向けの申請による取得があります。
 
 
ア 試験による取得 準備中(開始が決定しましたらお知らせいたします)
 
国際医療管理士および国際福祉管理士は資格試験を実施し、合格した場合に資格を付与します。
なお、試験は学科試験と外国語試験の構成となっております。
受験資格 医療福祉専門職の有資格者 例(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、救急救命士等の医療系資格または社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士などの福祉系資格所持者)は受験できます。国によって資格名が異なりますので、お問い合わせください。
 
学科試験  45分
外国語試験 45分
 
 
イ レセプト管理士が申請により取得できる特別条件
a レセプト管理士であること
   かつ、以下のbからeまでのいずれか一つに該当すること。
b 日本レセプト学会(JSIHC)が毎年主催する国際学術大会の現地訪問(1回以上)し、国際プログラムの研修を受けて英語でレポートを提出していること。ただし、現地で研究発表した方はレポートは不要とする。
c 日本レセプト学会(JSIHC)が毎年主催する国際学術大会にオンラインで3回以上参加していること。申請時に指定英文提出物あり。
d 上記のオンラインの大会参加で英語による1回以上の研究発表を行っていること。
e 他の学術団体の国際活動参加については原則認めないが、国際プログラムの内容を審査し、本学会審査で承認された場合は、手続きにより認める。その場合、別途審査料を徴収します。
 
 
<申請条件>
以下の条件を読み、該当する方はレポートをお送りください。
ア 渡航され見学した方は、その感想を英文レポート(様式自由日本語換算で400文字以上の英文)が必要となります。ただし、渡航され研究発表した方は資格申請書のみの提出となります。
イ 対面またはオンラインで研究発表された方は資格申請書のみの提出となります。
ウ オンライン参加のみの場合は、3年目の大会参加時に3回のうち1回の参加内容をもとに感想を英文レポート(様式自由)
エ 他学会での国際発表者 お問い合わせください
 
<提出物 2点>
資格申請書   1通
英文レポート  1通(対象者のみ)
 
 
ウ 料金
 
試験受験の方    : 受験料 13200円(予定)レセプト管理士資格試験日と同一日に試験を実施。資格証配送手
数料込となります。
 
レセプト管理士の方 : 申請料や資格の認定登録料は令和5年度までに限り無料とする。ただし、資格証配送手数料1100円を申請後に受理された方はお支払い頂きます。※次年度(令和6年度)から申請料を頂戴いたします。申請料5500円
 
 
 
エ 資格期間
5年間有効とする。
有効期限内(5年以内)にイのb~eのいずれかの条件を満たさなければ、資格の更新はできない。但し一般受験の方はイのaを除く。
レセプト管理士取得後3年未満の場合、永久登録前に学会を退会し、永久登録とならなかった場合は、
国際の資格は無効となる。原則、資格期間中は学会員であることとする。
 
オ 資格の更新
試験受験で取得された方、レセプト管理士申請により取得された方も、共通して更新はイの条件を有効期限の5年後までにクリアすることが必要です。更新申請により、継続として5年間有効となります。資格取得後、有資格者にメール等でご案内します。
 
レセプト管理士の資格を永久登録前の研修期間中に失った場合は、国際資格は末梢となる。
※大学院生で国際資格のためのレセプト管理士受験をする場合は、専門科目等研究分野が一致している場合に限り、一般試験の学科試験を免除する場合がある。(令和6年入学以降の大学院生とする。既院卒者対象外)
 
カ 名刺等の記載
取得した資格は名刺などに日本語表記「国際医療管理士」「国際福祉管理士」、英語表記 International Medical Administratorまたは略称のIMA、英語表記International Welfare Administratorまたは略称のIWAと記載してよい。(名刺、履歴書等への記載はレセプト管理士と別に記載可)
 
キ 受験方法・申請方法
国際医療管理士・国際福祉管理士 資格申請~発行までの流れ
・レセプト管理士は上記条件が満たされた場合に希望者が各自で申請すること。
・レセプト管理士は医療、福祉どちらか一方の申請、またはどちらとも申請可能。
 
<試験による取得を希望する方へ>
外国語試験、専門試験に合格する必要があります。
現在準備中 詳細は準備ができ次第ご案内いたします。令和7年試験実施に向けて準備中。
 
<申請による取得を希望する方へ>
資格申請書を下記からダウンロードし、事務局宛てにメール添付でご提出ください。
その際に、レポート提出が必要な方はレポートも添付してください。
事務局 info@jsihc.org 
審査のうえ合格後、認定となります。
審査終了後、資格証配送手数料1100円を徴収いたします。
その後、資格証を発行いたします。(発送までにおおむね1~2か月程かかります)
申請書に記載の住所に郵送いたします。
 
 
ク 資格証の表示について
 上記の一定の条件を満たした場合に資格認定となりますが、資格証には研修を受けた国名が掲載されます。
 例)日本国籍の人で、台湾での研修を受けた場合は JAPAN : TAIWAN と掲載されます。その後、アメリカ、韓国の現地研修を受けた場合、JAPAN : TAIWAN・USA・KOREA と現地研修が増える都度、国名が追記され国名が増えます。一度記載された国は累積として残ります。これにより記載された国についての国際知識があることを意味します。オンラインでの資格取得につきましては、資格に該当時の最終時の国名1か国が付きます。それ以降は現地に行かなければ国名が追加されません。
 
IMA資格証の見本
 
 
 

レセプト管理士についてはこちらをご覧ください
 
将来日本人の1割以上、つまり10人に1人以上が外国人になる 厚生労働省予測はこちら
 
経済産業省 国際展開はこちらをご覧ください。
 
国際学術大会については、こちらをご覧ください。
 
SCHCS (Show Chwan Health Care  System)はこちらをご覧ください。台湾のwebとなります。 
https://www.show.org.〇   〇のところにtwを入れて閲覧してください
 
SMCIはこちらをご覧ください
 
 
 
Translate »