試験範囲・出題例とテキスト

レセプト管理士の資格試験の範囲は以下の通りです

 
  A 学科試験(全分野共通)45分

     テキスト:『レセプト管理論』(出版社 同友館)
     『レセプト管理論』から出題されます。持ち込み不可
     お近くの書店等でお買い求めいただきご用意ください。
     追加資料は下のダウンロードより入手できます。

  学科試験出題範囲 
  ➀共通学科問題 選択式 各分野3問程度
    ・レセプト管理分野
    ・レセプトコンプライアンス分野
    ・レセプト情報の活用分野
    ・医療サービスマネジメント分野
    ・国際化・日本と海外の制度分野 
    ・統計分野(推薦図書あり『統計統計検定3級対応 データの分析』日本統計学会編 発行 東京図書)
     統計分野の出題基準は下へスクロール(最下位に掲載しております)   

  ➁選択学科問題 選択式 各分野3問~4問
    ・マネジメントにおける病院事例と医療マーケティング・レセプトマネジメント
              or
    ・介護レセプト、介護保険・福祉制度、LIFE、海外介護人材の現状(ダウンロードで入手)




  B 読解実技試験 45分

     点数表の読解 記述式 10問程度
     医科、歯科、調剤、介護のうち1つを受験申込時に選択してください。
     指定サイトである「しろぼんねっと」を閲覧して受験します。
     試験会場にて、スマートフォン、タブレットなどを閲覧しながらの受験となります。
     どれで資格試験を受けても『レセプト管理士』となります。



≪統計分野出題基準≫
統計データの基礎知識の理解

1)調査項目の理解
量的変数、質的変数の違いを理解している。
→[具体的内容]統計データの性格の違いを認識し、量的変数と質的変数に分けることができる。
クロス集計表が理解できる。
→[具体的内容]複数の項目を組み合わせて集計することができる。

2)グラフ表現の理解
量的変数の集計やグラフ表現ができる。
→[具体的内容]棒グラフ、円グラフ、帯グラフ、幹葉図、レーダーチャートなどを作成し、読み解くことができる。                                                               

3)時系列データの理解
時系列データを理解できる。
→[具体的内容]時系列データをグラフに表すことができ、時間的な推移を把握することができる。

4)度数分布表の理解
度数分布表とヒストグラムについて理解している。
→[具体的内容]量的変数から度数分布表、ヒストグラムを作成し、分布の様子を調べることができる。

5)分布の位置を示す代表値の理解
代表値(平均・中央値・最頻値)について意味と必要性を理解している。
→[具体的内容]代表値を用いて分布の特徴を把握し、説明することができる。

ダウンロードテキスト

レセプト管理論10章

試験問題サンプル<出題例>

レセプト管理士認定試験問題出題例サンプル

<<認定資格メニューへ

Translate »